教えて!結婚指輪と婚約指輪の違いって?

婚約指輪は女性がつける結婚指輪は男女共つける

婚約指輪は結婚を約束した印として男性から女性に贈るものです。通常ダイヤなどの宝石があしらわれた豪華なデザインのものが使われます。指輪を贈られてから結婚するまでの間、女性は婚約した証として左手の薬指に婚約指輪をにつけます。
一方、結婚指輪は結婚してからずっと男女共、左手の薬指につけて過ごすものです。プラチナや金などのシンプルなリングが使われることが多く、男女でペアのデザインのものなどを使います。二人の記念の品としてと特別なデザインのものを注文して身につける人もいます。結婚指輪は特別な時だけではなく、普段の生活でもつけたまま過ごします。指輪をつけていることで既婚者だとわかり、浮気防止にも役立つと言われています。

指輪を渡すのはいつ?

婚約指輪も結婚指輪もいつ渡すという決まりはありません。
婚約指輪に関しては愛の告白やプロポーズの言葉とともに差し出す男性も多いようです。婚約パーティーや結納の場などで渡すこともありますし、女性とともに宝飾店に行って一緒に買い求める人もあるようです。選び方、渡し方にもぞれぞれのカップルの個性が見られます。
結婚指輪は結婚式の時に指輪交換するというパターンが多く見られます。もともとは教会での結婚式の際、誓いの言葉の後に指輪交換が行われていましたが、最近では神前結婚や仏前結婚などでも指輪交換の儀式が取り入れられています。最初に男性が女性の薬指にはめ、続いて女性が男性の指にはめます。参列者の視線を一身に浴びて行う緊張の場面です。あがってしまってどの指にはめるのだったかわからなくなったという人もいるようですよ。

結婚指輪を銀座で買うメリットとして、予算と好みに合わせて、国内外の様々なブランドから選べるという点が挙げられます。